こちょう蘭の通販も生産者から直接届く、産地直送が一番の御勧め

胡蝶蘭が花ギフトとして選ばれるのは理由があります。

一例を挙げるとすれば、蝶が舞い降りたような美しさ、さらに、こちょう蘭のもつ花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)や長もちすることも理由の一つでしょう。

こちょう蘭以外のフラワーギフトは、数日から1週間程度しかもちませんし、こういった理由からも、一ヶ月以上も長もちする胡蝶蘭が喜ばれる所以です。おめでたいシーンや門出に贈る花は、胡蝶ランを選べんでおけば無難だと言えるでしょう。

ギフトフラワーの通販を利用する時、やっぱり、生産者である栽培園から直接発送する、産地直送を採用している販売店が一番です。なぜ、産直を御勧めするのかというと、生産者から卸市場といった流通ルートを短縮できるので、商品であるおフラワーの新鮮さが保たれることと、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。

こちょう蘭の通販も同じで、生産者から直接届く、産地直送が一番の御勧めになります。携帯でネットが出来るようになった昨今では、花ギフトの通販も、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。

しかも、色々なサービスも充実していて、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれるでしょう。
配達についてもそうで、日本国内での素早い配送や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。花を贈るのも随分と便利になりましたね。胡蝶蘭を送る際は、ラッピングも大切ですねいくつか例を挙げると、ラッピングを赤にするとゴージャス印象になるし、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。

昨今の通販ショップでは、ほぼ全てのケースで、フラワーに合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。花を送る際のメッセージカードなども、通常セット内にふくむ通販ショップが多くなってきています。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。ネットが身近になった近年、ウェブホームページを活用する方も多くなり、コチョウランを扱う通販ホームページもサービスが向上しています。もともと、海外から来た花ですが、明治時代に日本にもち込まれたそうです。

咲いた花びらが蝶のように美しい様子から、名付けられた名称が胡蝶蘭ですが、その上品さは贈り物には最適だといえるでしょう。色んなシーンで胡蝶蘭を贈りますが、開業など人生の門出だけでなく、お供えとして用いるケースもあるんです。コチョウランの花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)には「純粋な愛」という意味もあって、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。
世に胡蝶蘭が広まっていくきっかけは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、優美で神秘的な美しさが、より綺麗な品種を捜すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がった所以です。おフラワーのプレゼントが嫌な人はそういませんが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)のものを選ぶことで、雰囲気で決めた花の贈り物よりも想いが伝わりますね。

たとえば、こちょう蘭はお祝い事でよく利用されますが、胡蝶ラン共通の花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色彩ごとに個別の花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)を持っています。

こちょう蘭を例に出しましたが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が異なるものです)を添えることで、単に花を贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

よく読まれてるサイト:胡蝶蘭の通販で人気のおすすめ店ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です