昨今の通信販売ショップでは、殆どの場合、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります

こちょう蘭を贈るのは、祝いのシーンだけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

「純粋な愛」を花言葉にもつこちょう蘭って、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。

胡蝶ランの歴史のはじまりは、ヨーロッパ十九世紀に起こった大欄ブームだそうで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、より綺麗な品種を探すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がったわけです。

フラワーギフトの場合、包装も大切ですね例えば、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。

昨今の通信販売ショップでは、殆どの場合、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

花を送る際のメッセージカードなども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。

携帯でネットが出来るようになった昨今では、ギフトフラワーの通販も、現在は携帯端末から利用できます。

それに加えて、各種のサービスも充実していて、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。

配送やお届けについても言えることで、国内スピード配達や、条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。

花を贈るのも随分と便利になりましたね。

フラワーを贈られて嬉しくない人はそういないでしょうが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、より一層の喜びを与えることが出来ます。

例えば、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、コチョウラン全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。

例としてコチョウランを出しましたが、フラワーギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることは間違いありないでしょう。

フラワーギフトで胡蝶ランが人気なのには理由があります。

例をあげると、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、また、ニオイが少なく長期間咲きつづける日持ちの良さも挙げられます。

胡蝶蘭以外のフラワーギフトは、直ぐにしおれてしまい日持ちしないでしょうし、こういった理由からも、数か月咲きつづける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。

門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、コチョウランを選べんでおけば無難だといえますね。

お祝いシーンの花の贈り物の定番はこちょう蘭ですが、個人での相場は3万円程度といったとこでしょう。

ネットが身近になった近年、通販ショップを利用する人も多く、胡蝶蘭の通販専門サイトのサービスもまあまあ進化しました。

日本で生まれた花ではないのですが、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。

蝶が舞い降りたような花を咲かせることから、付けられた名前がこちょう蘭だと言いますが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。

購入はこちら>>>>>黒ずみのケアクリーム最新ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です